メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

明日がみえますか

第7部 続・マンション漂流/上 剪定8万円、見積書不信 脱「お任せ」管理会社変更

足場を組み立てるために8万円の剪定費が必要とされた植栽=大阪市内で、大西岳彦撮影

 ないはずの植栽の剪定(せんてい)に8万円、動かす必要のない駐輪場の撤去には18万円--。工事の見積書には心当たりのない項目が幾つも並んでいた。

 大阪市中心部の住宅街に建つ築約40年のマンション(約500戸)は今年2~6月、外壁の改修工事を予定していた。設計監理はいつもの通り、管理会社が担当。2016年の修繕工事に続き、同じ施工会社が受注した。同年末に見積書が届いたが、当時の管理組合理事長の男性(65)は納得できなかった。

 工事の足場を組む場所には古いプランターが一つあるだけで、他に植栽と呼べるものはない。それを剪定する…

この記事は有料記事です。

残り1201文字(全文1464文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソチ五輪銅の平岡選手 ひき逃げ容疑で事情聴取 奈良県警

  2. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  3. 吉祥寺「2階は喫茶店」…実は無許可の映画館 容疑の社長ら16日書類送検

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです