メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

明日がみえますか

第7部 続・マンション漂流/上 剪定8万円、見積書不信 脱「お任せ」管理会社変更

足場を組み立てるために8万円の剪定費が必要とされた植栽=大阪市内で、大西岳彦撮影

 ないはずの植栽の剪定(せんてい)に8万円、動かす必要のない駐輪場の撤去には18万円--。工事の見積書には心当たりのない項目が幾つも並んでいた。

 大阪市中心部の住宅街に建つ築約40年のマンション(約500戸)は今年2~6月、外壁の改修工事を予定していた。設計監理はいつもの通り、管理会社が担当。2016年の修繕工事に続き、同じ施工会社が受注した。同年末に見積書が届いたが、当時の管理組合理事長の男性(65)は納得できなかった。

 工事の足場を組む場所には古いプランターが一つあるだけで、他に植栽と呼べるものはない。それを剪定するという。「いったい、8万円は何に使うのか」。疑問をぶつけると、工事担当者からは「では、見積書から外します」と機械的な返事が返ってきた。作業員に管理棟のトイレを貸すが、トイレに至る床にシートを敷くのに2万円が必要という。思えば、前回の工事にも同じ項目があった。「シートなど敷いてなかったやろ」。詰め寄る…

この記事は有料記事です。

残り1051文字(全文1464文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  3. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. 部活は?受験は?卒業式は? 子供も保護者も、不安の“つぶやき” 首相休校要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです