メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がんドクトルの人間学

がん治療と食事の工夫=山口建(県立静岡がんセンター総長)

 がんと診断され、治療が始まると、多くの患者が食事の悩みに遭遇します。症状は多彩で、「食欲がない」「砂をかむようだ」「吐き気がする」「繰り返し吐く」「食事や飲み物がしみる」「腹痛が起きる」「下痢で困る」などが一般的です。原因としては、がんの存在そのもの、患者の心の負担、そして、手術、放射線、抗がん剤などの治療の影響が考えられます。

 がんが、腹部内に広がり胃腸を締め付ける病態はがん性腹膜炎と呼ばれ、病状が進むと腸閉塞(へいそく)に…

この記事は有料記事です。

残り1599文字(全文1815文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  2. 2歳児保護 ぬかるみの道 薄暗い沢 尾畠さんが案内
  3. 夏の高校野球 浦和学院、二松学舎との関東対決制し8強
  4. ジャカルタ・アジア大会 お粗末、抽選入れ忘れ サッカー開始前倒し
  5. 夏の高校野球 済美14年ぶり8強 高知商の強打封じる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです