メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がんドクトルの人間学

がん治療と食事の工夫=山口建(県立静岡がんセンター総長)

 がんと診断され、治療が始まると、多くの患者が食事の悩みに遭遇します。症状は多彩で、「食欲がない」「砂をかむようだ」「吐き気がする」「繰り返し吐く」「食事や飲み物がしみる」「腹痛が起きる」「下痢で困る」などが一般的です。原因としては、がんの存在そのもの、患者の心の負担、そして、手術、放射線、抗がん剤などの治療の影響が考えられます。

 がんが、腹部内に広がり胃腸を締め付ける病態はがん性腹膜炎と呼ばれ、病状が進むと腸閉塞(へいそく)に…

この記事は有料記事です。

残り1599文字(全文1815文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
  2. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  3. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  4. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト
  5. アメフット 日大学長が緊急会見 一問一答

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]