メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松尾貴史のちょっと違和感

国難は彼自身? 「強きを助け弱きを憎む」施策が次々

=松尾貴史さん作

 ほんの少しだけ前のことを思い出してみる。日本は全国的に「国難突破解散」によって、衆議院選挙が行われた。その頃にも為政者の、気楽というかのんきというか矛盾するような行動は続いていたが、時折、国民にだけは不安をあおるような信号をばらまくことだけは忘れなかった。今月10日にも、ゴルフや観劇で「息抜き」をなさったそうだ。結構な国難である。

 今、連日テレビで放送されているのは、北朝鮮からの木造の小舟がエンジンの故障や海流などによって日本海…

この記事は有料記事です。

残り1210文字(全文1427文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車田 丸い田んぼで輪を画くように田植え
  2. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
  3. 長野・城山動物園 「キモ可愛い」サルのキーホルダー
  4. 加計学園 謝罪、説明なし「あり得ぬ」 愛媛知事が批判
  5. 森友 音声データに残る発言 交渉記録からなぜ欠落

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]