オーストリア

国境警備強化へ 右派、連立政権合意で

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ウィーン三木幸治】10月のオーストリア国民議会(下院)選で第1党となった中道右派・国民党のクルツ党首と第3党となった極右・自由党のシュトラッヘ党首は15日、連立政権樹立で合意したと発表した。

 オーストリアは西欧で唯一、極右政党が政権に参加する国となる。自由党の政権入りは12年ぶり。厳しい難民・移民政策や国境警備の強化などが導入されるとみられ、欧州連合(E…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文450文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集