メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木造船エンジン

半世紀前の日本製技術応用か 山形に漂着

解体作業が進み、あらわになった木造船のエンジン=山形県鶴岡市で2017年12月14日、的野暁撮影

 北朝鮮籍とみられる木造船が相次いで漂流・漂着している問題で、山形県鶴岡市に漂着した木造船のエンジンに日本メーカーが半世紀以上前に開発した技術が使われたとみられることが分かった。複数の専門家にエンジンの写真を分析してもらった。エンジン本体も半世紀ほど前の製造とみられ、関係者は「沖合での操業には不向きで、日本海への出漁は自殺行為」と指摘する。

 この船は11月21日に漂着し、山形県が12月14日に解体した。エンジンは全長約7メートルの船体中央…

この記事は有料記事です。

残り458文字(全文679文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  2. 「ダンス オブ ヴァンパイア」公演チケット 不正に大量購入の被害

  3. 五輪特需見込む スナック、キャバクラなど営業延長 警視庁検討

  4. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」

  5. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです