メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

えじぷと駱駝考

/上 高騰する「砂漠の船」 変動相場制移行で月収超えも

数百頭の取引が行われるラクダ市。商人たちの「競り」は怒鳴り合いだ=エジプト北部ビルカーシュ村で9月

 見渡す限りラクダだった。これだけ集まると、のんびりした顔さえ怖い。彼ら、実は快足で力も強いのだ。「危ない」「逃げて」。茶色のコブがゆらゆらと進むたび、れんが造りの小屋が並ぶ広場で大声が飛び交った。

 エジプトの首都カイロの北西約35キロにあるビルカーシュ村。国内最大のラクダのスーク(市場)では、金曜と日曜の午前に数百頭が取引されている。主に食肉・農耕用だが、ペルシャ湾岸諸国で盛んなレース用ラクダも売買される。怒鳴り合いながら競りをする様子は、まるでけんかだ。

 「良質なラクダが集まるから、みんな真剣だ。歯で選ぶんだ。1、2本欠けていても、白くて丈夫な歯なら栄…

この記事は有料記事です。

残り600文字(全文881文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです