メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

松岡茉優 心の奥に届く役演じたい 「勝手にふるえてろ」で映画初主演

=太田康男撮影

 自然とにじみ出る魅力で、映画、テレビドラマ、バラエティー番組と引っ張りだこの人気だ。私たちと一緒に満員電車に揺られながら頑張って通勤通学していそうなイメージが、映画初主演となった「勝手にふるえてろ」で見事にはまった。

 綿矢りさの小説を大九明子監督が映画化。東京で1人暮らしをするOL「ヨシカ」が中学時代から脳内で育ててきた同級生の恋人「イチ」(北村匠海)と、自分のことを好きになって近づいてくる会社の同僚「ニ」(渡辺大知)の間で揺れる。ヨシカはプライドの高さと、裏腹のコンプレックスを抱え、頭の中でいろいろ考えてはクヨクヨ悩む。「全国の女子の8割にヨシカ的要素があると思う。私はほぼヨシカです」

 原作では、ヨシカが自身の心情を語る独白が多いが、大九監督は映画化にあたり、一部ヨシカが心情を歌い上…

この記事は有料記事です。

残り857文字(全文1205文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都立高部活 顧問教諭の動作で前歯2本折れ 元女子生徒が提訴

  2. 本当に住みやすい街大賞で埼玉・川口が1位 都心アクセス良く、商業施設も充実

  3. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

  4. 「注文から提供まで30秒以内」達成困難な目標で不当解雇 元社員がマクドナルド提訴

  5. 交通安全願い製作 高校生がキーホルダー /三重

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです