メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・食べる・つながる

神奈川 三浦ダイコン 潮風が育む、独特の辛み 高級食材、普及にも力 /東京

三浦ダイコンを引き抜いて見せてくれた長谷川清志さん。今年は生育が遅く小ぶりなものが目立つが、かえって値段も手ごろで使い勝手がいいという=神奈川県三浦市南下浦町毘沙門で

 三浦半島(神奈川県三浦市)の台地に広がる畑で、緑の葉が日差しを受けて輝いていた。明治期から栽培される伝統野菜「三浦ダイコン」。収穫の最盛期を迎え、農家は大忙しだ。普通の青首ダイコンとは違う独特の辛み、軟らかさは東京湾と相模湾から吹き抜ける潮風と肥沃(ひよく)な土地が育んでいる。市場に出回る量が限られ、近年は正月の高級食材として注目される中、地元の農家は直売やイベントでの販売にも力を入れ、普及に努めている。【田中義宏】

 三浦ダイコンは1905(明治38)年、地元の高円坊(こうえんぼう)ダイコンと練馬ダイコンを交配させた種が元祖とされる。大正期から盛んに栽培されたが、79年の台風で甚大な被害を受けてタネが激減。産地立て直しで新たに導入された青首ダイコンが病気に強く、太さも一定で引き抜きやすいため、取って代わられた。

この記事は有料記事です。

残り1046文字(全文1407文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 革命叫べば逮捕、ならば無言で抵抗 香港人が訴える「目に見えない大切なこと」

  2. 木村花さんが死の前に母に告白したフジテレビの「あおり」とは 被害者からの反論

  3. 鹿児島で新たに34人感染確認 クラスター発生の飲食店の客ら

  4. 国内初のワクチン治験 吉村大阪府知事「前のめりの政治主導」の危うさ

  5. ORICON NEWS 『天才!志村どうぶつ園』16年の歴史に幕 10月から相葉雅紀MCの新番組

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです