メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブラジル

汚職、30カ国波及 建設大手33億ドルばらまき? ペルー大統領、罷免も 権力者の捜査進む

オデブレヒトが賄賂や違法資金を渡した疑惑がある各国指導者

 【サンパウロ山本太一】ブラジルの大疑獄事件が世界30カ国以上を巻き込み、国際スキャンダルに発展している。贈賄側の中心企業、ブラジル建設最大手オデブレヒトが国際進出を図るため、各国指導者らに計33億ドル(約3700億円)をばらまいたとの報道もある。中南米では大統領経験者が訴追された他、汚職疑惑が浮上したペルーのクチンスキ大統領の罷免決議案が今月15日に議会に提出された。各国当局の捜査に注目が集まる。

 「ラバジャット作戦が31カ国(・地域)の検察の関心を引きつける」。ブラジル有力紙「フォーリャ」(電…

この記事は有料記事です。

残り963文字(全文1214文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです