メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

印パ独立70年

第3部 紛争の水源インダス/2 「川解放へ聖戦」

 パキスタンの首都近郊ラワルピンディ。モスク(イスラム教礼拝所)の一角に給水車で水を配る写真が掲げてあった。「インドのせいで我々の川が乾いている。だから給水や井戸掘りなどの支援を続けているのだ」。このモスクを管理するイスラム教団体ジャマート・ウド・ダーワー(JuD)幹部、アブドゥル・ラフマン師(44)は、怒りに満ちた口調で語った。

 JuDは2008年のムンバイ同時テロを起こしたとされるイスラム過激派「ラシュカレ・タイバ」(LeT)の創設者、ハフィズ・サイード師が作った慈善団体だ。だが、LeTの民生部門とも言われ、米国は14年6月、「海外テロ組織」に指定した。

この記事は有料記事です。

残り907文字(全文1189文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. バンクシー、マスクのネズミも コロナテーマに新作、動画投稿 英地下鉄に

  2. 「佐川さんには私の目を見て話をしてほしい」 近畿財務局職員の妻雅子さん

  3. コロナ対策「アドバイザリーボード」再開 「夜の街」呼称やめ「社交飲食店」に

  4. 首相と菅氏、吉村知事を厚遇「リーダーシップに敬意」 小池氏と対照的

  5. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです