メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者ノート

想像力欠如の代償

 「なおきらーい。うざーい。うっそよーん」「なおってほんとうんこ、クソってるね!」--。2015年11月に自殺した茨城県取手市立中3年の中島菜保子さん(当時15歳)について、同じグループの女子は学校行事のアルバムにこう書き込んでいた。

 菜保子さんの両親によると、同じグループの女子生徒たちから仲間外れにされたり、授業に遅れさせられたりした。そして自殺の前日、音楽室のガラスを割ったと教師に疑われ、菜保子さんは「私…

この記事は有料記事です。

残り310文字(全文516文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 四国銀行vs初陣ハナマウイ 第5日第2試合スタメン 午後2時から 都市対抗野球

  2. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  3. 注目の裁判・話題の会見 社会に出て半年、「これから」だった25歳女性 座間9人殺害 11月10、11日公判詳報

  4. 白石被告、自白の理由は「部屋に証拠が残り観念」 座間9人殺害公判 被告人質問

  5. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです