メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はたらく

「シルバー人材」会員を派遣

保育園での補助業務にあたる、新座市シルバー人材センター会員、牧喜代美さん=埼玉県新座市の光第二保育園で

 <くらしナビ ライフスタイル>

 働くことを通じたシニア世代の生きがい作りのために始まった「シルバー人材センター」が、「本格的な仕事を提供する場」へと変わりつつある。介護や保育など人手不足の分野を中心に、センターからの「派遣」として働く人が増えている。

 ●介護や保育業務も

 シルバー人材センターからの派遣が増えたのは、2015年の労働者派遣法の規制緩和で、60歳以上は派遣期間の制限を受けないことになったからだ。センターは定年がないため、90歳を過ぎた会員もいるなど長く働ける。12年に1万4753人だった派遣の就業者数(実人数)が16年には5万3410人まで増えた。派遣契約では、最低賃金や労働者としての権利が守られる。

 業務は多岐にわたる。スーパーやコンビニエンスストアでの品出し、レジ業務、清掃、総菜の調理補助など、…

この記事は有料記事です。

残り1752文字(全文2113文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
  3. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?
  4. 元フジアナの長谷川豊氏が差別発言 参院選擁立予定の維新は処分検討
  5. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです