メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カーリング

軽井沢国際選手権 男子、SC軽井沢ク優勝 女子はLS北見

韓国チームとの男子決勝の第3エンド、ストーンを投げる両角友=宮間俊樹撮影

 最終日は17日、長野県軽井沢町の軽井沢アイスパークで行われ、男子のSC軽井沢ク、女子のLS北見の平昌五輪代表がそろって優勝した。SC軽井沢クの優勝は5年ぶり3回目。大会が2014年に賞金制のワールドツアーの一環になってからは初制覇となった。LS北見は初優勝。

 SC軽井沢クは準決勝でスウェーデンチームに7-1で大勝すると、韓国の五輪代表チームとの決勝を5-4で制した。LS北見は準決勝でスイスの五輪代表チームに6-5で競り勝ち、決勝は9月の五輪代表決定戦で対戦した中部電力を10-3で降した。

この記事は有料記事です。

残り965文字(全文1212文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鬼滅の刃 シリーズ累計4000万部突破 10カ月で11倍 勢い止まらず

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 全日本吹奏楽連盟「事務局長ら2人が1.5億円超着服」 懲戒解雇

  4. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  5. 新型肺炎 日本国内のホテルもキャンセル相次ぐ 長期化懸念の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです