メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カーリング

軽井沢国際選手権 男子、SC軽井沢ク優勝 女子はLS北見

韓国チームとの男子決勝の第3エンド、ストーンを投げる両角友=宮間俊樹撮影

 最終日は17日、長野県軽井沢町の軽井沢アイスパークで行われ、男子のSC軽井沢ク、女子のLS北見の平昌五輪代表がそろって優勝した。SC軽井沢クの優勝は5年ぶり3回目。大会が2014年に賞金制のワールドツアーの一環になってからは初制覇となった。LS北見は初優勝。

 SC軽井沢クは準決勝でスウェーデンチームに7-1で大勝すると、韓国の五輪代表チームとの決勝を5-4で制した。LS北見は準決勝でスイスの五輪代表チームに6-5で競り勝ち、決勝は9月の五輪代表決定戦で対戦した中部電力を10-3で降した。

この記事は有料記事です。

残り965文字(全文1212文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  2. FFと天野喜孝の世界展 東京・池袋で大規模展示会 原画やCG、立体造形も
  3. 名人戦 佐藤名人が2勝目 再びタイに
  4. ねこ駅長 「ニャー」就任で観光客5倍に JR豊後竹田駅
  5. フィギュアスケート プリンスアイスワールド開幕 氷上の舞、湖国魅了 10年ぶりの公演 五輪の感動再び 大津 /滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]