メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カーリング

軽井沢国際選手権 男子、SC軽井沢ク優勝 女子はLS北見

韓国チームとの男子決勝の第3エンド、ストーンを投げる両角友=宮間俊樹撮影

 最終日は17日、長野県軽井沢町の軽井沢アイスパークで行われ、男子のSC軽井沢ク、女子のLS北見の平昌五輪代表がそろって優勝した。SC軽井沢クの優勝は5年ぶり3回目。大会が2014年に賞金制のワールドツアーの一環になってからは初制覇となった。LS北見は初優勝。

 SC軽井沢クは準決勝でスウェーデンチームに7-1で大勝すると、韓国の五輪代表チームとの決勝を5-4で制した。LS北見は準決勝でスイスの五輪代表チームに6-5で競り勝ち、決勝は9月の五輪代表決定戦で対戦した中部電力を10-3で降した。

この記事は有料記事です。

残り965文字(全文1212文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 二宮金次郎像は、かつて小学校校庭の…
  2. 検証 拷問「外でやれ」「静かにしろ」 皇太子批判の末 サウジ記者、総領事館で何が
  3. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」
  4. 自画撮り 裸画像要求 スマホ世代、抵抗感薄く 
  5. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです