メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

深い傷

犯罪被害者は問う ひき逃げ、佐賀出身の24歳死亡 「逃げたら殺人と一緒」 遺族、時効撤廃求める

 「姿は見えなくても息子はここにいる。親だけでも誕生日を祝ってあげたい」。7月17日、佐賀県小城市の平野るり子さん(64)は例年同様、三男隆史さんのために手作りケーキと好物だったもつ鍋を仏壇前に並べた。「タカシ君 31歳」。ケーキ中央に置かれた板チョコにはそう書かれていた。事故に遭わなければ31歳を迎えていたはずの息子へのせめてもの親心だった。

 山梨県警韮崎署から電話があったのは2011年2月25日午前4時ごろ。「息子さんが倒れています。すぐ…

この記事は有料記事です。

残り1554文字(全文1777文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  2. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇

  3. 賞品の高級車渡さずMXテレビ謝罪 企画会社と「連絡取れない状況」

  4. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

  5. 兵庫・西宮の山中に遺体 大阪の会社社長か 22日から行方不明 事務所に血痕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです