メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
深い傷

犯罪被害者は問う ひき逃げ、佐賀出身の24歳死亡 「逃げたら殺人と一緒」 遺族、時効撤廃求める

 「姿は見えなくても息子はここにいる。親だけでも誕生日を祝ってあげたい」。7月17日、佐賀県小城市の平野るり子さん(64)は例年同様、三男隆史さんのために手作りケーキと好物だったもつ鍋を仏壇前に並べた。「タカシ君 31歳」。ケーキ中央に置かれた板チョコにはそう書かれていた。事故に遭わなければ31歳を迎えていたはずの息子へのせめてもの親心だった。

 山梨県警韮崎署から電話があったのは2011年2月25日午前4時ごろ。「息子さんが倒れています。すぐ…

この記事は有料記事です。

残り1554文字(全文1777文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか

  4. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

  5. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです