メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

深い傷

犯罪被害者は問う ひき逃げ、佐賀出身の24歳死亡 「逃げたら殺人と一緒」 遺族、時効撤廃求める

 「姿は見えなくても息子はここにいる。親だけでも誕生日を祝ってあげたい」。7月17日、佐賀県小城市の平野るり子さん(64)は例年同様、三男隆史さんのために手作りケーキと好物だったもつ鍋を仏壇前に並べた。「タカシ君 31歳」。ケーキ中央に置かれた板チョコにはそう書かれていた。事故に遭わなければ31歳を迎えていたはずの息子へのせめてもの親心だった。

 山梨県警韮崎署から電話があったのは2011年2月25日午前4時ごろ。「息子さんが倒れています。すぐ…

この記事は有料記事です。

残り1554文字(全文1777文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです