旅客機

初の一般道横断 中部空港から展示施設へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
屋内展示される施設までけん引されるボーイング787の初号機=中部空港で17日午前11時56分、木葉健二撮影
屋内展示される施設までけん引されるボーイング787の初号機=中部空港で17日午前11時56分、木葉健二撮影

 中型旅客機ボーイング787の初号機が17日、中部空港(愛知県常滑市)の駐機場から空港の外側に建設中の複合商業施設までけん引して運ばれた。旅客機が一般道を横切り、空港外を移動する光景は国内初といい、周辺には家族連れなど大勢のファンが集まった。

 B787は機体の約35%を中部地方で製造し「準国産機」とも呼ばれる。初号機「ZA001」は2009年12月に初飛行した試験機第1号で、15年に米ボーイング社…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文502文字)

あわせて読みたい

注目の特集