メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

首都認定

「抵抗のシンボル」車椅子のパレスチナ人銃撃死

イスラエル軍と数十メートルの距離に迫り、抗議するパレスチナ人ら。イブラヒム・アブスライヤさんはこの後、この現場で撃たれた=パレスチナ自治区ガザ地区東部で2017年12月15日、高橋宗男撮影

 【ガザ市(パレスチナ自治区ガザ地区)高橋宗男】イスラエルのパレスチナ占領に反対してきた車椅子の青年が今月15日、イスラエル兵に銃撃され、死亡した。9年前にイスラエル軍の攻撃で両足を失い、「抵抗のシンボル」とされてきたイブラヒム・アブスライヤさん(29)。死の瞬間まで、トランプ米大統領の「エルサレム首都認定」にも抗議の声を上げ続けていた。パレスチナの多くの人々が、その死を悼んでいる。

 アブスライヤさんは2008年4月11日、ガザ地区中部ブレイジキャンプのイスラエル境界近くで、イスラ…

この記事は有料記事です。

残り802文字(全文1045文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  2. 兵庫・ダム遺体 大阪の男2人逮捕 死体遺棄容疑
  3. 新商品 シーチキンとコンビーフが一つに 20日発売
  4. 夏の高校野球 日大三7年ぶりベスト4 下関国際を逆転
  5. 遺品整理 高額な追加料金、勝手に処分 トラブルにご用心

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです