メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

四国五郎 抑留体験を書籍化 壮絶な生活、克明に 画文集『わが青春の記録』

四国五郎の「わが青春の記録」右は収容所の様子を描いたもの=東京都千代田区で2017年12月12日、栗原俊雄撮影

 原爆を描いたロングセラー「絵本おこりじぞう」(山口勇子著)の挿画で知られる画家・四国五郎(1924~2014年)がシベリア抑留の体験を克明に記した画文集『わが青春の記録』が15日、三人社(京都市)から刊行された。靴底に隠し持って帰ってきた日記を基に、1948年の帰国後書き進めた冊子を書籍化したもので、抑留の実態を生々しく伝える第一級の資料だ。

 四国は広島県出身。シベリアで抑留中に弟を原爆で亡くし、反戦を訴える画家、文筆家として生涯を過ごした…

この記事は有料記事です。

残り772文字(全文995文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 警視庁 「地面師」聴取へ 積水ハウス55億円被害
  2. 人生相談 「親切」と「洗脳」の違いって何=回答者・光浦靖子
  3. 森元首相 「余計なことしやがって」 石破氏依頼に苦言
  4. 米シアーズ 破綻 負債最大5.6兆円
  5. 地域ブランド調査 やっぱり函館が一番魅力的 北海道「都道府県」では10連覇

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです