メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

日本橋のランドマーク

 東京・日本橋。高層ビルの谷間に小さな神社がある。周辺再開発に合わせ3年前に社殿が再建された福徳神社だ。創建は貞観年間(859~77年)と古いがかつて廃社や焼失に直面したほか、ビル屋上に社殿を構えるなど苦難の連続だった。それが今では近くの会社員や観光客らが参拝に訪れる日本橋の新たなランドマークとなっている。

 この神社をよみがえらせたのが10年以上前から再開発を主導する三井不動産だ。同社は日本橋の歴史や文化…

この記事は有料記事です。

残り241文字(全文445文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、食品持ち込みOKに 飲料はこれまで通り禁止

  2. 台風17号 暴風でトタン屋根吹っ飛び民家に直撃 福岡・宗像

  3. 風知草 放射能、海に捨てるなら=山田孝男

  4. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  5. 「助けて」茨城・境町で夫婦死亡 県警は殺人事件で捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです