メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中央構造線・長尾断層帯

四国M6.8以上9~15%、今後30年で 地震調査委

 政府の地震調査委員会は19日、四国地方の活断層を対象にした地震の長期評価を公表した。対象とした5断層のうち、マグニチュード(M)6・8以上の地震を起こす可能性がある活断層は「中央構造線断層帯」と「長尾断層帯」の二つとし、30年以内に四国地方のどこかで同規模の直下型地震が発生する確率を「地域評価」した結果、9~15%と算定した。

 四国を東西に貫く中央構造線断層帯は6区間に分けていたが、活動周期の違いなどから10区間に再分割。区間別で発生確率が最も高いのは、ほぼ0~11%とした愛媛県の「石鎚山脈北縁西部区間」(M7・5程度)。四国電力伊方原発に近い同県の「伊予灘区間」(M8・0程度かそれ以上)はほぼ0%と評価した。同区間は徳島県と愛媛県にまたがる「讃岐山脈南縁西部区間」(発生確率ほぼ0~0・4%)と共に、地震の規模を最大と…

この記事は有料記事です。

残り585文字(全文950文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  2. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  5. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです