メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福井・大飯原発

運転差し止め訴訟控訴審 「火山灰十分審理を」 住民側、弁論再開申し立て /石川

記者会見し弁論再開の申し立てについて説明する島田広・弁護団長(中央)ら=金沢市で、日向梓撮影

 関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の運転差し止め訴訟の控訴審で、住民側は18日、名古屋高裁金沢支部に対し「関西電力の火山灰濃度の想定は過少」などとして、慎重な審理を求め弁論再開の申し立てを行った。

 同日、金沢市内で会見した住民側弁護団によると、四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)に対する今月13日の広島高裁の運転差し止め決定を新たな証拠として提出。同高裁が「火山の影響による危…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文492文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  2. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  3. 水説 怒れる検事長OB=古賀攻

  4. 「まさか栃木で」小6女児保護、大阪の住民ら驚き「よく頑張った」

  5. 雪不足で島根県のスキー場が破産へ 今季一度も営業できず 社長無念「今さら降られても」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです