メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都の仏像

/293 摩耶夫人像 子宝のご利益 /京都

 (南区・福田寺)

 京都市南区の福田寺(ふくでんじ)は奈良時代の僧行基が718年に開いたとされ来年1300年を迎える。かつて真言宗、現在は西山浄土宗の寺の本堂横、龍神堂に摩耶夫人(まやぶにん)像が安置されている。

 一木造りとみられる木像で高さ約25センチ。文化財指定や詳しい学術調査を受けていないので不明な点が多い。

 寺に伝わる古文書の縁起などによると、6世紀ごろ中国・梁の武帝が安産の守り仏として自ら彫刻したとされ…

この記事は有料記事です。

残り525文字(全文733文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. ORICON NEWS 木村拓哉、埼玉のソウルフードを堪能「幅あるよ」

  3. 金哲彦のレース展望・解説 “MVP”前田穂南は五輪メダル級の力 男子「4強」は冷静さ欠く

  4. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  5. 北村地方創生相 ダム建設「誰かが犠牲に、という積極的なボランティア精神で」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです