メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

輝集人

ボランティアグループ ブックマーマ おはなしの会 読み聞かせで子育て支援 /和歌山

児童たち(手前)に紙芝居を読み聞かせる太地中学校の女子生徒=和歌山県太地町の町立太地小学校で、神門稔撮影

 <輝集(きしゅう)人>

 太地町立太地小学校1~3年生の3クラスで今月15日、近くの太地中学校1年生20人による絵本の読み聞かせと、紙芝居を上演する授業があった。「お姉さん」「お兄さん」たちの話しに児童たちは目を輝かせ、耳を傾けた。このユニークな取り組みを支えているのが、町内で絵本の読み聞かせや紙芝居・影絵劇上演などの活動を続けているボランティアグループ「ブックマーマ おはなしの会」(和田千明代表、会員5人)だ。

 この日は、太地中の生徒が3班に分かれて各クラスに出向き、おはなしの会メンバーが見守る中、絵本を読み…

この記事は有料記事です。

残り443文字(全文701文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  4. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  5. 東京「寝耳に熱湯」「今さらないでしょう」 札幌「驚き」「ありがたい」 五輪会場変更検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです