包括連携協定

人工知能活用、地域活性化へ 県、ソフトバンクと締結 /徳島

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
包括連携協定を締結したソフトバンクの今井康之副社長(右)と飯泉嘉門徳島県知事=徳島県庁で、松山文音撮影
包括連携協定を締結したソフトバンクの今井康之副社長(右)と飯泉嘉門徳島県知事=徳島県庁で、松山文音撮影

 県とソフトバンク(本社・東京)は18日、情報通信技術(ICT)や人工知能(AI)を活用した地域活性化を目指し、包括連携協定を締結した。ソフトバンクが都道府県と包括連携協定を結ぶのは、京都に次ぎ2件目。

 観光振興や高齢者・障害者への支援8項目で連携。衣食住に関わる質問にAIを活用して24時間対応する…

この記事は有料記事です。

残り168文字(全文318文字)

あわせて読みたい

ニュース特集