メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

研究の現場から

血中たんぱく質から難病把握 愛媛大大学院血液・免疫・感染症内科学長、谷川均特任教授ら /四国

血中たんぱく質成分の同定に成功した長谷川均特任教授(左)と武森信暁講師=愛媛県東温市の愛媛大付属病院で、花澤葵撮影

 愛媛大学大学院血液・免疫・感染症内科学の長谷川均特任教授と、愛媛大プロテオサイエンスセンターの武森信暁講師らの研究グループが、血管に炎症が起きる難病「ANCA関連血管炎」の正確な病状の把握や予後の予測を可能にするための指標となる、血中たんぱく質成分の同定(どうてい)に成功した。研究成果を9月、海外の学術誌で発表した。

 ANCA関連血管炎は膠原病(こうげんびょう)の一種。血管に炎症が起きて臓器などが侵される病気で、年…

この記事は有料記事です。

残り426文字(全文636文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. マスク着用や消毒を徹底 水害後の感染症に警戒を

  3. 千曲川決壊、過去最大の水量による水圧 越水も重なる 台風19号

  4. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  5. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです