熊本地震

家屋解体世帯も全壊同額義援金 配分委員会 /熊本

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 県や日本赤十字社県支部などでつくる熊本地震の義援金配分委員会は18日、地震で被災して家屋を解体せざるを得なかった世帯に全壊と同じ80万円を支給することを決めた。半壊で既に義援金の40万円の支給を受け、自宅を解体した場合は差額の40万円を支給する。

 一部損壊の世帯は修理費が100万円以上かかった場合…

この記事は有料記事です。

残り85文字(全文235文字)

あわせて読みたい

注目の特集