メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

現場で考えた「正解なき時代」 問題解決型手法は限界に=滝野隆浩(東京社会部)

 「問題解決型のアプローチでは解決できないと思います」。そんな趣旨の言葉を、最近、別々の立場の3人から相次いで聞いた。偶然だと思う。だけど、それぞれ困難な対象に向き合っている医師や看護職、そして自衛隊最高幹部はなぜ、これまでのやり方に限界を感じているのか。いろいろあった2017年の年末に考えてみた。

 防衛大学校を卒業して記者になった私は、安全保障環境が厳しさを増したここ数年、自衛隊幹部の現役・ОBと話す機会が増えた。一方、戦後の日本社会が遠ざけてきた「死」ということに興味があり、「葬送」や「終末期医療/みとり」についても取材を続けている。ふだんはこの二つのテーマで重なる話題はないのだが、<問題解決型の限界>について立て続けに聞いて、あれっ?と思った。

この記事は有料記事です。

残り1691文字(全文2020文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「時代は変わってしまった」香港民主派なすすべなく 運動抑え込まれ 周庭氏ら収監

  2. 安倍前首相「後援会強化し、支援者増やせ」 細田・麻生両派の若手議員に強調

  3. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  4. 政府、2030年代半ばにガソリン車新車販売禁止へ 欧米中の動きに対抗

  5. NTT東日本が投手戦制す 大竹7回無失点 日本新薬は反撃機生かせず 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです