メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社説

上野動物園のシャンシャン人気 日中に薄日が差すなかで

 東京・上野動物園で6月に生まれたジャイアントパンダの雌の子どもシャンシャン(香香)が、きょうから公開される。

     同園では1988年に生まれたユウユウ以来、29年ぶりだ。1日約400組限定の年内の観覧には、多い日で144倍もの応募があった。

     木に登ったりササをくわえたりする仕草は愛らしい。公開にこぎつけた関係者の喜びはひとしおだろう。

     パンダが初めて日本に来たのは72年だ。同年の日中国交正常化の「友好の証し」として上野動物園にカンカン、ランランの2頭が贈られた。

     国中が「パンダブーム」に沸き立ち、両国の友好に大いに貢献した。

     今では、上野の3頭をはじめ、和歌山県のレジャー施設に5頭、神戸市に1頭の計9頭がいる。

     パンダは、絶滅の恐れがあるとされ、84年にワシントン条約で国際間の取引が禁じられた。繁殖研究目的での貸借は可能となり、シャンシャンの両親も中国から年額約1億円で借りている。生まれたシャンシャンの所有権も中国にある。生後2年を超えると中国に返還する約束だ。

     上野動物園では、中国の研究者らを招いて繁殖研究を進めるなど、パンダを介した民間交流も進んだ。

     中国は、戦略的にパンダを使った、いわゆる「パンダ外交」を欧米やアジア各国に対して展開してきた。

     国のイメージアップを図るなど、さまざまな思惑とともに、各国との関係を築く材料にしてきた。

     だが、中国の海洋進出などで日中関係は近年冷え込んできた。2012年の尖閣諸島の国有化問題でさらに悪化した。

     その関係に今年、薄日が差しつつある。11月の日中首脳会談では、習近平国家主席が笑顔で、安倍晋三首相と握手を交わした。

     非営利団体「言論NPO」などが実施した世論調査でも、日中関係が「悪い」と感じる割合は、日本では昨年より30ポイント近く減った。中国でも14ポイント減少している。改善傾向の表れだろう。

     中国外務省もシャンシャンを「友好の使者」と呼んでいる。

     今年は日中国交正常化から45年の節目でもある。希少動物保護の共同研究をさらに進めるなど、関係改善機運が高まることを期待したい。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. クマの出没、山口県内で相次ぐ 過疎化で生息域管理難航、進出域拡大
    2. JR北海道 猛暑で運休 レール変形の恐れ
    3. 尾を引く丸山穂高議員の「戦争」発言 問題行動も次々 北海道内外で波紋
    4. ORICON NEWS 岡田准一『白い巨塔』最終話15.2%の高視聴率で幕 5話平均は13.3%
    5. わこ盲導犬贈呈プロジェクト 30頭で活動に終止符 視覚障害者支援は継続 /広島

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです