連載

印パ独立70年

インドとパキスタンの分離独立から今年で70年。独立以来、3度の戦火を交えた二つの核保有国はどこへ向かうのか。まずは印パ両国が領有権を争う対立の地、カシミールを訪ねた。

連載一覧

印パ独立70年

第3部 紛争の水源インダス/3 水枯れ、疑心暗鬼

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 「ずっとここに住んでいるが、年々、水が減っている」。インド北部ジャム・カシミール州スリナガル郊外。インダス川の支流ジェラム川のほとりで、ムハンマド・アシュラフさん(60)が嘆いた。約2・5ヘクタールの田畑にジェラム川から水路を引いているが、近年は水位が低く、農業用水を確保できないという。「過去3年間、収穫はゼロだ。ゼロだよ」

 ジェラム川はパキスタンに入り、やがてインダス川に合流する。パキスタンにとって死活的に重要な水資源だが、印パが1960年に結んだインダス川水利条約では、インドも一定の水量をかんがい用水に使うことができる。アシュラフさんは「ここでこんな状況なんだ。下流のパキスタンはもっとひどいだろう」と苦笑する。

この記事は有料記事です。

残り826文字(全文1138文字)

あわせて読みたい

注目の特集