メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャイアントパンダ

こんにちはシャンシャン 誕生から半年 東京・上野動物園で公開

 上野動物園(東京都台東区)で6月に生まれたジャイアントパンダの雌の子ども「シャンシャン(香香)」。母親の「シンシン(真真)」や飼育員らに見守られながら、すくすくと成長し、健康状態も良好だ。生後半年が過ぎた19日、待ちに待った一般公開が始まる。

日中国交回復の象徴

 日中国交回復を記念して、1972年10月に「カンカン」(雄)と「ランラン」(雌)の2頭のパンダが中国から贈与された。国内の複数園が飼育に名乗りを上げたが、政府が上野動物園への受け入れを決めた。当時の二階堂進官房長官は、浅野三義園長に「パンダは東京都にやるのではない。(国が)上野動物園に預かっていただくのだ」と、国交回復の象徴として大切に育てるよう告げたという。

 80~82年に「日中平和の証し」として贈られた「ホアンホアン」(雌)と「フェイフェイ」(雄)の間に…

この記事は有料記事です。

残り978文字(全文1341文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  2. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  3. 拳銃強奪容疑者、電車で逃走図る ICカード不具合で入れず
  4. 負の連鎖断ち切る 児童虐待 親支援で再発防止
  5. 山形・鶴岡の酒蔵、酒瓶1000本以上割れる 新潟震度6強

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです