メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

神社界は超格差社会 年収300万円未満が6割超

殺傷事件が起きた富岡八幡宮=東京都江東区で2017年12月8日、和田大典撮影

 <access>

 東京都江東区の神社「富岡八幡宮」で7日夜に起きた殺傷事件は、宮司職を巡るトラブルが背景にあったとされる。神社は初詣などで身近な存在だが、宮司はどう決まり、神社の運営の実態はどうなっているのか。【福永方人、岸達也】

 全国に散らばる神社の正確な数は、実は不明だ。全国約7万9000社を傘下に収める宗教法人神社本庁は、神職の常駐しない小さなお宮なども含めて10万社程度と推計。15万社を超えるとの説もある。全国に約5万5000軒あるとされるコンビニ店より多い。

 その神社本庁は、皇室の祖神・天照大神(あまてらすおおみかみ)を祭る三重県の伊勢神宮を最も尊い神社と…

この記事は有料記事です。

残り847文字(全文1134文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大きな虹 福岡の空に
  2. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  3. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  4. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  5. 皇統は断絶の危機 愛子さまを皇太子に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです