メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

神社界は超格差社会 年収300万円未満が6割超

殺傷事件が起きた富岡八幡宮=東京都江東区で2017年12月8日、和田大典撮影

 <access>

 東京都江東区の神社「富岡八幡宮」で7日夜に起きた殺傷事件は、宮司職を巡るトラブルが背景にあったとされる。神社は初詣などで身近な存在だが、宮司はどう決まり、神社の運営の実態はどうなっているのか。【福永方人、岸達也】

 全国に散らばる神社の正確な数は、実は不明だ。全国約7万9000社を傘下に収める宗教法人神社本庁は、神職の常駐しない小さなお宮なども含めて10万社程度と推計。15万社を超えるとの説もある。全国に約5万5000軒あるとされるコンビニ店より多い。

 その神社本庁は、皇室の祖神・天照大神(あまてらすおおみかみ)を祭る三重県の伊勢神宮を最も尊い神社と…

この記事は有料記事です。

残り847文字(全文1134文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  2. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  3. 桜を見る会関連支払い「不足」 市民団体、公選法違反容疑で首相告発へ

  4. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  5. 「私生活動画」収集計画のIT会社、参加希望者のメアド流出

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです