特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

20年東京五輪・パラリンピック

アーバン構想、現実路線に 警備・収益、東京型模索

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会が検討していたアーバンクラスター構想は警備の難しさや収益確保などのため、現実路線の東京型を模索することになった。組織委は新たに実施されるバスケットボール3人制を青海、BMXフリースタイルとスケートボードを有明とともに東京都の臨海部を会場に選んだ。当初の構想のように1会場には集約できなかったが、組織委は臨海部を五輪公園の代わりとして位置づけ、にぎわいを作り出す方針だ。

 アーバンクラスター構想は若者への五輪の普及を図りたい国際オリンピック委員会(IOC)の提案だった。モデルとなったのは国際大会FISE(エクストリームスポーツ国際フェスティバル)。若者に人気のある都市型スポーツを野外フェスティバルのように一つの会場に集約して、観客は入場無料で楽しめる。IOC調整委員会のコーツ委員長も「選手や観客に特別な体験を提供できる」と期待感を示していた。

この記事は有料記事です。

残り399文字(全文795文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集