メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュアスケート

全日本選手権欠場 羽生、五輪へ回復優先 「試合勘」へ懸念も

練習中に転倒し、すぐに起き上がらずにリンクにうずくまる羽生結弦=大阪市中央体育館で2017年11月9日、佐々木順一撮影

 フィギュアスケート男子で平昌五輪での連覇を狙う羽生結弦(ANA)が18日、五輪代表最終選考会の全日本選手権(21~24日、東京)への欠場を明らかにした。右足首にけがをした11月のNHK杯に続く欠場となるが、回復を最優先にした妥当な判断といえる。

 羽生は現在世界ランキング1位で、今季世界ランキング、国際スケート連盟(ISU)公認大会で出した今季最高得点ともに日本勢で2番目。男子3人目の選考基準を十分に満たしている。さらに「世界選手権3位以内の実績がある選手が、けが等で全日本を欠場した場合は、それまでの成績を評価し、選考することがある」とあり、世界選手権で5度メダルを獲得している羽生が選ばれても、異論の余地はない。

 しかも、羽生は先週、氷上練習が再開できていないと明かしている。もし、調整不足で全日本に臨み、けがを…

この記事は有料記事です。

残り700文字(全文1061文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  3. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  4. 日本が初優勝 プレミア12、前回覇者韓国に逆転勝利 山田哲3ラン

  5. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです