メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

俺たちの花園

全国高校ラグビー/1 布巻峻介=パナソニック・フランカー(25歳、福岡・東福岡高出身)

3年生だった2010年度の準々決勝、伏見工(京都)戦でトライを決める布巻峻介=後藤由耶撮影

全力プレー何より大事

 花園で印象に残っているのは3年生だった2010年度、桐蔭学園(神奈川)との決勝です。先制して「いけるんじゃないか」という雰囲気になった後、ポンポンポンとやられました。

 相手には松島(サントリー)、竹中(NEC)、小倉(NTTコム)というスターがいました。一時は21点差をつけられ「FWでいこう。パス禁止」と修正しました。

 31-31の同点に追いつきましたが、ノーサイドの瞬間は、「勝てたのに」と後悔しました。でも、それが実力。第90回の記念大会で両校優勝という特別な形で優勝できたことを、今はうれしく思います。

この記事は有料記事です。

残り394文字(全文660文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 感染拡大地からの「GoTo」やめて 憤る医療関係者 「予防にマイナス」

  2. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  3. コロナ禍に売り上げ急回復、相次ぐ新規出店 焼き肉店が好調なワケ

  4. 日立製作所vsヤマハ 第6日第1試合スタメン 午前10時から 都市対抗野球

  5. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです