メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・学ぶ

スマホっ子の風景 竹内先生の新教育論 神奈川・座間事件から考える ネットに救い求める危うさ

 神奈川県座間市で悲しい事件が起きました。ツイッターに「死にたい」と書き込んだ若者が殺されたと報道されています。私は長くツイッターなどの短文投稿サイトの危うさを訴えてきましたが、ご遺族の思いを考えると言葉がありません。捜査中ですので、断定的なことは書くのは控えますが、書ける範囲で書いてみます。

興味同じならつながり簡単に

 ツイッターでは、同じことに興味を持つ人同士が簡単につながることができます。

 試みに「#死にたい」で検索するとこんな書き込みを見つけました。16歳の女性が「家出したいが勇気がない」気持ちを書いています。22通の返信がありました。見てみると「自殺なんて最低。死なないで」「女の子が家出して餌食になるって聞くよ」などの書き込みがありました。さらに見ていくと、男性らしい人が同じ自治体に住んでいると名乗った上で、「はなそ!」「俺の家でよかったら、長期で泊めてあげるよ」と書き込んでい…

この記事は有料記事です。

残り1293文字(全文1691文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 藤田医科大岡崎医療センター クルーズ船陽性受け入れ 開院前で感染不安なく

  3. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

  4. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  5. 「桜」前夜祭でANAホテルは明細書を発行したのか 首相答弁の「矛盾点」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです