メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

続・マンション漂流

/下 ニーズ対応、共通書式

 マンション管理の話題を取り上げるインターネットのブログに、管理組合の役員になるという住民から相談メールが届いた。ブログの運営者は関西のマンション管理会社に勤める30代の男性。役員の心構えを尋ねる住民にこう応じた。「みんなの財産や暮らしを預かっている自覚を持って」

 ブログは「マンション管理のはじめちゃん!」。同業者の閲覧を意識し、昨年12月に匿名で始めた。ごみの捨て方やベランダでの喫煙を注意する文書のひな型を掲載するなど、暮らしに役立つ記事も多く、住民からの相談にメールや記事で答えている。

 男性は今、14棟を担当している。中には管理に消極的だと感じるマンションもある。例えば、草が伸び放題で中庭が荒れた物件。購入希望者が下見に来たら、どう思うだろう。管理組合にいくら対応を促しても、理事らは「次の役員のときに」と問題を先送りするばかり。管理組合が改善に乗り出したのは5年後だった。「管理組合と管理会社がお互いに惰性で動くような関係になるとマンションの質は下がり続ける。管理組合は私たちをう…

この記事は有料記事です。

残り696文字(全文1143文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソウル市長、遺体で発見 「遺言」残し失踪 元秘書がセクハラ訴え

  2. 山下達郎さん、ライブ映像を初配信へ 「再びライブができるまで違う可能性を」

  3. 委員会出席の区議に職員がお茶出すべきか 14年余も結論出せない豊島区

  4. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  5. 女子生徒にわいせつ行為、トイレに落書き「すけべやろう」 教諭ら懲戒処分 千葉県教委

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです