法務省

元少年ら2人の死刑執行 永山則夫元死刑囚以来

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
家族4人が他殺体で見つかった被害者宅=千葉県市川市で1992年3月6日午前
家族4人が他殺体で見つかった被害者宅=千葉県市川市で1992年3月6日午前

 上川陽子法相は19日、千葉県市川市で1992年に会社役員一家4人を殺害したなどとして、強盗殺人罪などで死刑が確定した事件当時19歳の関光彦(てるひこ)死刑囚(44)=東京拘置所=の死刑を執行したと発表した。事件当時少年だった死刑囚の執行は、4人を射殺した永山則夫元死刑囚(事件当時19歳、執行時48歳)が97年8月に執行されて以来となる。また、群馬県で94年にあった親子3人殺害事件で殺人罪などで死刑が確定した松井喜代司死刑囚(69)=同=の死刑も同日執行された。

 関係者によると関死刑囚側と松井死刑囚側は再審請求中だったという。従来、再審請求中の執行は回避される傾向にあったが、前回の金田勝年法相による7月の命令に続く執行となった。

この記事は有料記事です。

残り606文字(全文924文字)

あわせて読みたい

注目の特集