元少年死刑執行

4人殺害、重大さ考慮か 法相異例の決断

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
家族4人が他殺体で見つかった被害者宅=千葉県市川市で1992年3月6日午前
家族4人が他殺体で見つかった被害者宅=千葉県市川市で1992年3月6日午前

 千葉県市川市の会社役員一家4人殺害事件(1992年)で強盗殺人罪などで死刑が確定した関光彦死刑囚(44)ら2人の刑が19日午前、執行された。関死刑囚は事件当時19歳。20歳未満を適用対象とする少年法は、事件当時18歳未満だった少年の死刑を禁じているが、18、19歳は許容されている。同日の記者会見で執行を明らかにした上川陽子法相は事件の被害の甚大さなどから異例の執行を決断したとみられる。

 事件当時少年だった死刑囚の執行は、4人を射殺した永山則夫元死刑囚(執行時48歳)の例がある。永山元死刑囚の最高裁判決(83年)は死刑選択の基準として9項目を挙げ、それらを総合考慮するとした。この「永山基準」の一つとして被告の年齢が挙げられているが、永山元死刑囚は死刑判決が確定し、97年に執行されている。

この記事は有料記事です。

残り571文字(全文919文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集