メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スキー複合

弟と同じ舞台へ 清水亜久里の五輪争い

ノルディックスキーW杯複合個人第4戦ラージヒル、清水亜久里の後半距離=ノルウェー・リレハンメルで2017年12月3日、宮間俊樹撮影

 ノルディックスキー複合で平昌五輪を狙う清水亜久里(あぐり、25)=ユーグレナ=は、日本代表争いの瀬戸際にいる。弟の礼留飛(れるひ、24)=雪印メグミルク=が前回ソチ五輪のジャンプ団体で銅メダリストになり、「礼留飛にできるなら自分にできないはずはない」と初の五輪を目指している。【江連能弘】

 五輪代表は最大5人。清水は昨季のワールドカップ(W杯)個人総合で日本勢の6番手だったが、今冬のW杯は41位が最高で現状は7番手。序盤戦は「イメージと現実のギャップがある」と繰り返した。距離より飛躍の力があるが、飛躍で上位につけられずにいる。

 新潟県妙高市出身で、ジャンプや複合で高校時代から41回連続で国体出場を続ける父・久之(ひさゆき)さ…

この記事は有料記事です。

残り532文字(全文848文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  2. ORICON NEWS 早見あかり、婚姻届を提出 お相手は30代前半の会社員の男性、7月に婚約会見
  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE
  4. 女性遺体を福島に遺棄容疑、27歳男逮捕 警視庁
  5. 元駐日仏大使「国際社会で日本が信頼失う事態に」 ゴーン前会長逮捕に強い不快感

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです