メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

児童手当

所得制限、世帯合算へ変更検討へ

 政府は18日、中学生以下の子どもがいる世帯に支給している児童手当の所得制限について、世帯合算への変更を検討することを決めた。現在は世帯で最も稼ぎが多い人の所得を基準にしているが、2019年度以降の見直しに向け議論する。だが、見直しで支給額が減る世帯が多くなるため、議論は先送りされる可能性もある。

 麻生太郎財務相と内閣府の松山政司少子化担当相が同日、18年度予算案の閣僚折衝で、具体的な見直し策を検討したうえで19年度以降の予算に反映させることで合意した。

 現行の所得制限は夫婦と子ども2人の世帯の場合、所得の多い人の年収が960万円未満だが、実情にそぐわ…

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文609文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです