メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

児童手当

所得制限、世帯合算へ変更検討へ

 政府は18日、中学生以下の子どもがいる世帯に支給している児童手当の所得制限について、世帯合算への変更を検討することを決めた。現在は世帯で最も稼ぎが多い人の所得を基準にしているが、2019年度以降の見直しに向け議論する。だが、見直しで支給額が減る世帯が多くなるため、議論は先送りされる可能性もある。

 麻生太郎財務相と内閣府の松山政司少子化担当相が同日、18年度予算案の閣僚折衝で、具体的な見直し策を検討したうえで19年度以降の予算に反映させることで合意した。

 現行の所得制限は夫婦と子ども2人の世帯の場合、所得の多い人の年収が960万円未満だが、実情にそぐわないとの指摘がある。例えば小学生と3歳未満の子がいる場合、年収が夫1000万円、妻200万円だと制限がかかるため支給額は月1万円だが、夫800万円、妻400万円だと月2万5000円となり、世帯合算の所得が同額でも支給額に差が出る。

この記事は有料記事です。

残り215文字(全文609文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  2. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  3. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

  4. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです