メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

老舗百貨店

「丸栄」6月末に閉店 近くのビル2棟も解体

厳しい表情で丸栄百貨店の閉店を発表する親会社・興和の山下孝治副社長=名古屋市中区で2017年12月18日、黒尾透撮影

 名古屋市中区の栄地区にある老舗百貨店「丸栄」の親会社で医薬品製造の興和(本社・名古屋市)は18日、同百貨店を取り壊した跡地と、近くで所有するビル2棟を含めた一体を再開発する方針を明らかにした。2027年完成を目指す。百貨店を来年6月末に閉店することも正式発表した。

 興和の山下孝治副社長が名古屋市内で記者会見した。百貨店は20年ごろまでに取り壊す。跡地では再開発計画がまとまるまでの5年程度、何らかの誘客施設を営むという。

 再開発は、広小路通を挟んで百貨店の北側にある、名古屋国際ホテルの入る栄町ビルとニューサカエビルも含めて行う予定。山下副社長は「(ビルごとに)順次行っていく」と話した。

この記事は有料記事です。

残り250文字(全文546文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ休校で10代の妊娠相談急増 性教育の機会なく、バイト中止で避妊具買えず

  2. ナガシマスパーランドでジャンボ海水プール営業開始 マスク姿で水しぶき 三重・桑名

  3. 世界の感染、1日で過去最多21万人増 米、ブラジルで拡大 新型コロナ

  4. 豪雨の死者18人に 熊本県発表 心肺停止16人、行方不明14人

  5. ORICON NEWS 浜崎あゆみ、ドラマ『M』最終回で初コメント「最低で最高で、大嫌いで大好きでした」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです