メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米軍ヘリ窓落下

19日にも飛行再開 防衛省容認

米軍ヘリコプターCH53Eの窓が落下した校庭を視察するクラーク大佐(左から2人目)=沖縄県宜野湾市の市立普天間第二小学校で2017年12月18日午前9時57分、遠藤孝康撮影

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)に隣接する市立普天間第二小学校の校庭に米軍大型ヘリコプターCH53Eが窓を落下させた事故で、防衛省は18日、非常脱出用の窓を固定する金属製ワイヤの紛失を搭乗員が見落とした「人的ミス」(点検ミス)が原因だと発表した。米軍が同型機の点検や搭乗員の再教育を実施したとして、防衛省は同日、事故後に停止されていたCH53Eの飛行の再開を容認。米軍は19日にも飛行を再開すると防衛省に通告した。

 米軍は普天間飛行場周辺の小中学校や高校、大学の上空の飛行を「最大限可能な限り避ける」よう指示した。…

この記事は有料記事です。

残り605文字(全文864文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 指原莉乃、涙でHKT48卒業発表「平成のギリギリまでアイドルとして頑張りたい」
  2. 国税庁委託先がマイナンバーなど個人情報70万件漏えい
  3. 「飲酒強要、ズボン脱がす」 近大医学部ゴルフ部員、警察に相談
  4. 「群馬大医学部不合格は55歳の年齢」横浜68歳女性、公明正大な入試訴え
  5. 渋谷ハロウィーン逮捕、決め手は防犯カメラ捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです