ちば発最新研究

老化の謎、解明に力 「早老症」に挑む

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 「足の痛みはどうだい」。千葉大学医学部付属病院(千葉市中央区)の糖尿病・代謝・内分泌内科の診察室。横手幸太郎教授(54)が車いすに乗った「ウェルナー症候群」の男性患者(60)に尋ねた。実年齢に比べ急激に老化が進む「早老症」を代表する遺伝的な疾患で、男性は、特徴的な症状であるアキレスけんの石灰化による痛みに苦しんできた。ただ、この日は「そんなに(痛みは)ないですね」と男性。横手教授は「それが一番」とうなずいた。

 ウェルナー症候群は1904年にドイツの医師によって報告された。脱毛、白内障、糖尿病といった症状が若い時期に表れ、がんや動脈硬化などの合併症にかかり死亡する例が多い。同大は80年代に研究を開始。丁寧な治療で40代半ばだった患者の寿命が現在は50代に延びた。国内で唯一、患者登録を行い、全国の症例調査を通して2012年に国際的な診療ガイドラインを四半世紀ぶりに改訂。世界初のアキレスけん石灰化による診断…

この記事は有料記事です。

残り707文字(全文1114文字)

あわせて読みたい

ニュース特集