メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャパンXボウル

中村7捕球、未到の203ヤード獲得

 ○富士通63-23IBM●(ジャパンXボウル・18日)

 富士通の強力攻撃陣が縦横無尽にフィールドを駆け回った。光ったのはエースWRの中村。パスは7捕球で203ヤードを獲得。1998年に堀江(リクルート=当時)がマークしたレシーブの個人獲得ヤード記録(151ヤード)を大きく更新して、最優秀選手になった中村は「記録は知らなかったのでびっくり。うれしい」とほほ笑んだ。

 圧巻は11点リードで迎えた第2クオーターの5分過ぎだった。自陣25ヤード付近から攻撃更新まで10ヤードで迎えた第3ダウン。相手を完全に抜き去ってジャンピングキャッチすると、そのままサイドライン際を駆け上がってTD。試合の流れを決めた。30ヤード超の長いパスを4回も捕球し、藤田智ヘッドコーチも「集中していいプレーをしてくれた」とたたえた。

この記事は有料記事です。

残り225文字(全文578文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  3. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

  4. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  5. 阪急宝塚線 急行にひかれ男性死亡 9万4000人影響 大阪・豊中

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです