メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

えじぷと駱駝考

/中 古代壁画に登場せず 江戸時代の日本では「御利益」

エジプト北部サッカラの壁画に描かれた牛の乳搾りの様子。古代エジプトの石像や壁画には、ラクダ以外の多くの動物が登場する=サッカラで、篠田航一撮影

 <えじぷと駱駝(らくだ)考>

 古代エジプト人は動物が好きだった。壁画には牛、犬、ワニ、そしてハヤブサなど多くの生き物が描かれ、時には神の姿になっている。一方でふと疑問に思う。中東を象徴するような存在のラクダは見当たらないのだ。

 「古代エジプトでは砂漠が不毛で邪悪な場所とされ、人々は砂漠に生きるラクダをあまり使わなかったようです。このため古代の遺物にラクダはほとんど登場しません」。カイロ大学のアラ・シャヒーン元考古学部長はそう解説する。

 とはいえ、カイロ南郊のアブシール・メレクからは紀元前2800年ごろのものとみられるラクダをかたどった石の容器が見つかるなど、古代にも痕跡は残る。だが本格的にエジプトでラクダが広まったのは「ローマ帝国支配下の3世紀ごろ以降です」(シャヒーン氏)という。イスラム教の預言者ムハンマドが活躍した7世紀のアラビア半島では、砂漠の民になくてはならない存在になっていた。聖典コーランには「あの素晴らしいラクダが…

この記事は有料記事です。

残り413文字(全文833文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  4. 持続化給付金詐取容疑、全国で55人逮捕 SNSで若者勧誘も 返還相談2000件超

  5. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです