メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私だけの東京・2020に語り継ぐ

作家・山内マリコさん キャラクター際立つ23区

作家・山内マリコさん=東京都千代田区で2017年12月4日、竹内紀臣撮影

 「東京23話」は23区が一人称で自らの物語を語る小説集です。「東京の各区をテーマにした話を」という連載依頼だったので、ダイレクトに街を描いた方が面白いかなと思い、区を擬人化してみたんです。

 東京には10年近く住んでいるけれど、地方出身なので意外と分かっていないことが多い。例えば「港区はお金持ちが住んでいる」「世田谷区はハイソな住宅街」など、東京で生まれ育った人が共有しているイメージがあることも、それほど知りませんでした。東京の人が当たり前のように思っていることでも、こちらからすると新鮮なんです。

 東京は面白いですね。ネタが山のようにある。一つの区に地方の県に相当するぐらいのエピソードが詰まって…

この記事は有料記事です。

残り1489文字(全文1790文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大再回答に怒りあらわ 関学大監督
  2. アメフット 日大選手の嘆願書募集へ 関学大負傷選手の父
  3. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト
  4. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  5. 輸血 感染、対策後手 献血にウイルス混入 ジビエブーム、リスクに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]