メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

キタサンブラックに人生重ね サブちゃん流「引き際の美学」

有終の美を飾る有馬記念に向け、ガッツポーズする北島三郎さん=東京都八王子市で、太田康男撮影

競馬の「紅白」有馬記念で花道

 日本競馬界で現役最強馬と名高いキタサンブラックが、年内で現役引退する。最後の晴れ舞台に選んだのは、24日の有馬記念。オーナーの北島三郎さん(81)は、演歌歌手としての人生をこの愛馬に重ね合わせ、ラストランを見届ける。【鈴木梢】

 「有馬記念は、歌の世界でいえば紅白歌合戦。1年の締めくくりにファンを魅了するひのき舞台という意味で、似ているよね」。インタビューに応える北島さんは、歌い手と馬主の顔を同時に見せた。その年、最も活躍した歌手がステージに勢ぞろいするNHKの紅白。ファン投票で選ばれた精鋭だけが出走できる有馬記念。「息子」と呼ぶブラックが「競馬の紅白」で花道を飾るのは、偶然の一致とは言い難い。

 北島さんの紅白出場は、現在も最多記録を誇る。1963年から50回出場し、2013年に後進に道を譲り…

この記事は有料記事です。

残り2355文字(全文2720文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声が出なくなった」市川海老蔵さん、歌舞伎座を休演
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 「未明に自宅で突然刃物で首を刺された」高2男子が被害 男は逃走 埼玉・蕨
  4. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  5. 日韓 自分の物差しで相手をはかるな 「嫌韓」は危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです