連載

田中優子の江戸から見ると

法政大総長・田中優子さんのコラム。江戸から見る「東京」を、ものや人、風景から語ります。

連載一覧

田中優子の江戸から見ると

横綱の品格

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 相撲界ではこのところ「横綱の品格」が問題になっている。相撲を格闘技だと考えると品格ってほんとに必要?と思うかもしれないが、必要なのだ。

 江戸時代は大関が最高位で関脇、小結と続き、横綱は番付に載っていない。番付に横綱が入るようになったのは1890年で、明治時代になってからである。では江戸時代に横綱はいなかったのかと言えば、いたのだ。しかし彼らは番付上は大関で、そのなかで選ばれた者だけが、綱を締めての土俵入りを行うことができた。

 綱を締めての土俵入りは1789年が最初で、そのとき横綱を免許されたのは谷風梶之助と小野川喜三郎だった。そして1791年、最初の上覧相撲が行われた。将軍に見せる相撲のことである。これら横綱免許や上覧相撲を仕掛けたのが吉田善左衛門で、これを機会に、吉田家が相撲の家元的な存在であることを内外にしらしめた。

この記事は有料記事です。

残り418文字(全文784文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集