メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 相撲界ではこのところ「横綱の品格」が問題になっている。相撲を格闘技だと考えると品格ってほんとに必要?と思うかもしれないが、必要なのだ。

 江戸時代は大関が最高位で関脇、小結と続き、横綱は番付に載っていない。番付に横綱が入るようになったのは1890年で、明治時代になってからである。では江戸時代に横綱はいなかったのかと言えば、いたのだ。しかし彼らは番付上は大関で、そのなかで選ばれた者だけが、綱を締めての土俵入りを行うことができた。

 綱を締めての土俵入りは1789年が最初で、そのとき横綱を免許されたのは谷風梶之助と小野川喜三郎だっ…

この記事は有料記事です。

残り519文字(全文784文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  2. 滝沢秀明社長ら台風被害の千葉でボランティア YOSHIKIは1000万円寄付(スポニチ)

  3. 「ポイント還元どうしたらいい」高齢者や生活保護受給者が困惑の声 消費増税

  4. 変幻自在・西川貴教 ももクロ背にT.M.R熱唱で幕 イナズマロック

  5. 小山慶一郎 情報番組復帰 10月からTOKYO MX「バラいろダンディ」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです