メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

演劇

アル☆カンパニー「荒れ野」 余韻深い大人の物語=評・濱田元子

 ビターな大人の物語である。平田満と井上加奈子の演劇ユニット、アル☆カンパニーへ気鋭の桑原裕子(KAKUTA主宰)が書き下ろし。アパートの一室を舞台にした一夜の出来事が、ジリジリと心を焦がす。桑原演出。穂の国とよはし芸術劇場PLAT制作。

 ニュータウンのショッピングセンターから火災が発生し、一戸建てに住む哲央(平田)と妻藍子(増子倭文江)、娘有季(多田香織)が、哲央のおさななじみ路子(井上)の部屋に避難してきたことで事態が転がり出す。

 藍子が路子の所に来た意図は何か。哲央を巡る思惑を軸に、路子の家に同居人同然に出入りする先生と呼ばれ…

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文604文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡山の警察学校教官、訓練中にナイフで巡査刺す 「緊張感出すために本物を」
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. クイズに正解したら「ベロチュー」 40代男性教諭、担任を交代
  4. 福岡・粕屋の女性殺害、古賀容疑者「騒がれたので首絞めた」
  5. 婚活サイトで知り合った20代女性に準強制性交等容疑 新潟税務署員を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです