メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪市

「総合区」説明会、閑古鳥 都構想、対案 市長出席1回のみ 本気度に「?」

空席が目立つ総合区制度素案の住民説明会=大阪市城東区で2017年12月13日、山崎一輝撮影

 大阪市を残して行政区の権限と機能を強化する「総合区」制度の素案について、市が全24区で巡回開催する住民説明会が低調だ。既に実施した20区で、会場定員に対し参加者が半数を超えたのは5区だけ。総合区は「大阪都構想」(特別区)の対案として公明党が導入を主張するが、府市が来秋実施を目指す都構想の住民投票まで1年を切った中での関心の低さに、市議会では市側への苦言が出た。【岡崎大輔】

 説明会は11月3日に始まり、今月23日まで。副首都推進局によると、開催済み20区の総会場定員6470人に対し、参加者1698人。開催曜日や時間帯も影響したとみられるが、定員の半数を超えたのは、都島区159人(定員300人)▽西成区64人(同100人)▽浪速区60人(同100人)▽阿倍野区161人(同250人)▽旭区69人(同130人)の5区。今月3日の中央区会場は定員300人に対し、参加者は38…

この記事は有料記事です。

残り591文字(全文979文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  2. NYの看護師が死亡 防護服不足でごみ袋着用 新型コロナ

  3. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  4. 安倍首相「長期戦の覚悟を」「気を緩めれば急拡大」「現金給付行う」 新型コロナで記者会見

  5. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです