メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 家賃支払い、調停へ 自主避難5世帯と 県方針 /福島

 県は、福島第1原発事故に伴う「みなし仮設住宅」として借り上げた東京都内の国家公務員宿舎に、提供終了後も暮らす自主避難者5世帯に対し、家賃の支払いを求めて東京簡裁に調停を申し立てる。明け渡しは求めない。県議会12月定例会で関連議案が可決された。

 県は今年3月まで、避難指示区域外からの自主避難者向けに民間賃貸住宅や公営住宅などをみなし仮設として提供し、家賃を全額負担してきた。このうち国家公務員宿舎については、やむを得ない事情がある…

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文542文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「空前絶後」「一気呵成」…なぜ情緒的で大げさなのか 首相のコロナ語録

  2. 北九州市で5日連続の感染確認、計22人に 施設を臨時休館

  3. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  4. 「五輪予算で都民の命救える」早期中止訴え 宇都宮氏が都知事選出馬会見

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです